2010年9月13日(月曜日)[ トピックス ]

「機関紙コンクール」市従グループが健闘

第41回の神奈川県機関紙コンクールの表彰式が9月11日(土)建設プラザかながわで行われました。

今回の表彰式は“顕彰と慰労と学習のつどい”との名称が冠されました。

市従からの参加紙は支部を含め8紙。『横浜市従』が機関紙大賞、『市従ウィークリー』が優秀賞、中支部『あしなみ』が神奈川労連賞、道路土木支部『道路土木支部ニュース』と福祉衛生支部保育分会『おげんきですか』が神奈川自治労連賞、学童保育指導員支部『紙ふうせん』が審査委員会特別賞、教育支部港南ブロック『三拍子』が奨励賞、南支部『おはよう南』が入賞の栄誉を獲得しました。

今回の応募数は105紙。紙媒体のほかにホームページの分野も初めて取り入れましたが4件の参加にとどまりました。新たなメディアにどのように対応するかは今後の課題になります。

労働組合としては、神奈川土建一般労働組合の支部・分会・主婦の会が数多く参加、生活協同組合、年金者組合のグループも多く、それぞれに特徴のある機関紙活動を進めており、参考になりました。

表彰式後の各団体との交流、意見交換は作り手の苦労話や楽しい話題などで笑い声に包まれていました。

「横浜市従」第1255号(2010年10月1日付)より

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.