2011年1月31日(月曜日)[ トピックス ]

第13回市民自治研集会「地域が抱える課題の大変さ」

1月30日(日)の午後、神奈川公会堂で、“明日のヨコハマを考えるつどい、第13回市民自治研集会”が開催されました。全体で220人が参加しました。

オープニングは、しっとりとした沖縄八重山の民謡が披露されました。

前半の特別講演には、安曇野ちひろ美術館や長野県信濃美術館の元館長で、昨夏の長野県知事選の候補者でもあった松本猛さんを迎え、「子どもと自然を大切にし、お年寄りや障害者が安心して暮らせる自治体に」と題して、話していただきました。

長野県内を選挙カーで訪ね歩いた経験、それぞれの地域が抱える課題の大変さ、子どものもつ無限の可能性をいかに伸ばしていくのか、また、母親であるいわさきちひろさんの絵をスライドで見せながら、その絵をどういう風に感じるか感じ方は自由であること等を伝えてくれました。

後半は市政をめぐる現場からの声として、敬老パス利用者負担増の問題、待機児童数が全国トップである横浜の保育の現状、教科書採択問題、地域の商店・地場産業の疲弊、隣の川崎市ではすでに条例化されている公契約、国民健康保険に関してアンケート調査を実施した横浜市社会保障推進協議会からの問題提起、以上の6分野からの報告。

最後に、27日に発表された横浜市予算案に関する分析を交え、神奈川自治体問題研究所の矢後事務局長からは「予算と自治のあり方を変えれば要求実現は可能だ」とのまとめがありました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.