2012年2月15日(水曜日)[ I LOVE 憲法 ]

プチ家庭内戦争勃発

「ママ知ってる? 日本には『戦争をしない・戦争に参加しない』って決めた法律があるんだよ。すごいでしょう!」

きっと担任の先生が憲法9条についてわかりやすく教えてくれたのでしょう。当時小学生だった娘はまるで自分のことのように誇らしげに憲法について話し始めました。

その時まさにイラク戦争の真っ最中。基地のある町で生活する我が家。彼女の頭上を爆音を響かせながら戦地へと向かう戦闘機。そんな矛盾を小さな心はどのように感じたのでしょうか。

当時を振り返り娘に聞いてみたけれど「そんなことあったけ? でも憲法9条のことだよね」と。

「でも改正されちゃうんだよね」とも。「改悪ですが!! じゃぁそれについてはどう思う?」と母。

「憲法9条はこのまま残すべきと思うけど、世の中の流れ的にはしょうがないのかな…」と娘のあまりにも無責任発言に、おいおいダメダメそんなんじゃ! 若者たちよ!…と憲法9条問題から始まり、彼女の生活習慣に至るまで、母の説教は止まりません。プチ家庭内戦争勃発。うちには憲法9条は存在しませんでした(笑)。

せめてもの願いは、20歳になり、選挙権を得た娘。たまにはマンガ本じゃなく憲法でも読んで、きちんと政治を見極める目を持って欲しいと思う今日このごろではありますが…。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.