2008年3月24日(月曜日)[ トピックス ]

「もう基地をなくすしかない。なくならぬ米軍による被害」3/23、沖縄で県民大会

集会のようす2月10日沖縄でまた米兵による性的暴行事件がひき起されました。「米兵によるあらゆる事件、事故に抗議する県民大会」(主催・同実行委員会)が3月23日午後2時から沖縄県北谷町の北谷公園野球場前広場と、宮古島市、石垣市でも同時開催され、大雨の中、6千人以上の人が集まりました。市従からは2人が参加しました。

 大会実行委員会は約60の市民団体で構成され3月8日に正式発足。超党派の大会を目指し県議会へ要請を繰り返したが、自民党県連は組織参加を見送り、仲井真県知事も21日、不参加を表明しました。

 大会では、開催地の北谷町長をはじめ、那覇市長、沖縄市長が登壇。3市町長を含め10以上の市町村長や多数の議員も出席し、会場は熱気につつまれました。

 県民の訴えでは、女性団体や労働団体の代表、地域住民らが、それぞれの立場から、相次ぐ基地被害、米軍の事件、事故に抗議の意思を表明しました。

 また横須賀で性暴力の被害にあったオーストラリア人女性のジェーンさんが壇上で「被害者は悪くない」と犯罪撲滅を訴えました。参加者は訴えを聞きながら「そうだ、そうだ」と声を上げたり、被害者の発言に涙をぬぐいながら聞き入っていました。

 77歳の女性は「県民大会を心待ちにしていました。日米両政府にワジワジ(腹立ち)していることを伝えたくて来ました」と言い、同じく70歳代の女性は「自分と同じ思いを子や孫にさせたくない」と言いました。

 大雨にもかかわらず、1歳や2歳の子どもを連れて参加している若い夫婦や、親子連れも多数いました。

 決議案は、日米両政府に対し、(1)日米地位協定の抜本改正(2)県民の人権侵害の根絶(3)実効性のある再発防止策(4)米軍基地の整理・縮小と兵力削減、の4項目を要求しました。

 最後に玉寄大会実行委員長が壇上で「傘をたたんでガンバローを三唱しましょう」の呼びかけに参加者全員が傘をたたみ、拳を突き上げ、大声でガンバローを三唱して大会を終了しました。

「横浜市従」第1203号(2008年4月1日)より

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.