2012年5月14日(月曜日)[ トピックス ]

「いりません!保育を産業化する子ども・子育て新システム」 5・13みんなの保育フェスティバル

5月13日(日)、東京の明治公園で「いりません!保育を産業化する子ども・子育て新システム 5・13みんなの保育フェスティバル」が開催されました。全国から6千人を超える保育関係者や子ども連れの保護者らが集い、市従からも約50人が参加し新システム関連法案の廃案を求めました。

保育の産業化「子ども・子育て新システム」関連法案は廃案に!
豊かな保育は公的責任果たしてこそ

決起集会に先立ち、会場内に設けられた17のテントブースでは、学習会、交流会、震災パネル展、労働相談、物産展、人形劇、工作教室、各園お勧めおやつ販売、子どもの遊び場など、保育の集会らしく子どもと一緒に楽しめるコーナーもあり、多彩な企画が行なわれました。並行してステージでは、買え歌やダンス、寸劇やスピーチで新システム反対をアピール。

2-01

スピーチでは、学童保育全国連絡会代表の大内理枝さんが、大阪橋下市政による「市政改革プラン」試案で学童保育の補助金廃止が提案され、署名運動などにより押し返した取り組みを紹介。「新システムが導入されれば、これが全国に広がるおそれがある。学童保育指導員たちの願いは、全国どこでも同じ保育が受けられること。自治体が公的責任を果たしてこそ、子どもの豊かな保育が保障される」と訴えました。

2-02決起集会は、民族歌舞団荒馬座の太鼓演舞で開会。実行委員を代表して、自治労連の野村幸裕委員長が開会挨拶に立ち、「保育の公的責任を放棄し子どもを切り捨てる『新システム』に対し、本音では反対だという国会議員もたくさんいる。全国的な世論の高まりを作り、みんなで阻止しよう」と呼びかけました。

全国保育団体連絡会の実方伸子事務局長が基調報告し、新システムについて「市町村の保育責任がなくなる」「子供のために公費が使われなくなる」「保育の質の低下を招く」などの問題点を指摘。「公的保育制度解体を許さない闘いは、まさに正念場です。緊急に運動を進めましょう」と訴えました。

集会ではアピールを採択。「新システム関連法案の廃案を求め、全ての子どもの権利とすこやかな成長が保障されるよう運動を大きく広げよう」としました。

集会終了後、代々木公園に向かって大パレード。思い思いのデコレーションに子どもたちの声が混じったシュプレヒコールで「子ども・子育て新システム反対」をアピール。沿道の人々の注目を集め、たくさんの激励がありました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.