2012年7月17日(火曜日)[ トピックス ]

「代々木公園に17万人!原発NOの声を聞け!」7・16 さようなら原発10万人集会

「原発はいらない」の意思を結集しようと、7月16日(月)の東京・代々木公園で、「さようなら原発10万人集会」が開催されました。全都道府県から17万人(主催者発表)が参加し、炎天下、野田内閣に原発からの撤退を迫りました。市従からは100人以上が参加しました。

1312-2

この集会は、ノーベル賞作家の大江健三郎さんや音楽家の坂本龍一さんら著名人9氏が呼びかけたものです。主催は「さようなら原発一千人署名市民の会」。市従が参加している「原発をなくす全国連絡会」もこの呼びかけに応え、参加しました。思想・信条や立場は違っても「原発ゼロ」の思いひとつに結集しました。

会場には、ベビーカーを押す夫妻や子どもの手を引く家族連れ、また高齢の方や障がいのある方の参加も目立ちました。参加者それぞれが、思いおもいのプラカードやデコレーション、ファッションで「原発NO!」をアピールしていました。

1312-3

「フクシマの後の沈黙は野蛮だ」坂本龍一氏(音楽家)

サッカー場に設置された第1ステージは人で埋め尽くされ、呼びかけ人の7氏が発言しました。

経済評論家の内橋克人氏は、「参加者の勇気ある『さようなら原発』の声が、ゆがんだ社会をただすもっとも大きな、確かな力になっていくでしょう」と述べ、「国民の合意なき国策はさようなら、と声を上げ続けなければ」と訴えました。

作家の瀬戸内寂聴さんは、「100年前、自由を奪われた時代があった。過去の人たちが苦労をして自由を守ったからこそ今日がある。いま原発をとめる、政府の方向を変えることになるか、分らない。それでも集まらなくては。相手が聞かなくても言い続けましょう」と呼びかけました。

音楽家の坂本龍一さんは、「電気のために、子どもの命を危険にさらすようなことはすべきでない。お金より命。福島の後に沈黙するのは野蛮だ、というのが私の信条」と述べました。作家の澤地久枝さんは「命が核で脅かされる地球にはしたくない。日本が率先して核を捨てることを望みたい」と発言。作家の落合恵子さんは、「原発はいりません。再稼働を許しません。原発の輸出も許しません。私たちが守るものは命です」と述べました。

「本当の自由を学び求めて行動しよう」SUGIZO氏(ギタリスト)

第2ステージは野外音楽場に設けられ、各界著名人のリレートークと音楽のライブ演奏が16時過ぎまで行なわれました。

音楽評論家の湯川れい子さんは、「原発が爆発しないだけの技術は我々にはない。安全ですと言う神話にだまされてきた。気付いてください」と訴えました。

翻訳家の池田佳代子さんは、「官邸前行動もすばらしいが、今日は組織旗が立ち、全国から集まっている。こういうのも良いなと思った」と発言。

LUNA SEAやX JAPANのギタリスト、SUGIZOさんは、「大飯原発再稼働はあり得ない。増税は認めていない。オスプレイも賛成できない。TPPもありえない。本当の自由を学び、求めて行動すべきだ」と訴えました。

メイン会場での集会が終わったのが15時頃。それから3つのコースに分かれてデモ行進。各都道府県ごとに順番に出発しましたが、神奈川県は出発まで2時間以上かかりました。
ゴール地点についた時には19時半を回っていました。

1312-4

福島県からもたくさんの参加者が

1312-5

デモの途中にオアシスが。「もう少しで終点だよ。がんばって歩いてね」

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.