2012年7月7日(土曜日)[ トピックス ]

「公務員を仮想敵とする攻撃、狙いは福祉・社会保障切り捨て」維新の会を暴く交流集会

1311-17月6日、東京都内の会場にて「ストップ!ハシズム 橋下『維新の会』のねらいを暴く交流集会」が全労連、大阪労連、自治労連、国公労連の主催で開催され、130人が参加しました。

この日は、大阪市の橋下徹市長が市職員の政治活動制限条例案や、労使交渉事項を限定する労使交渉条例案などを市議会に提出した日です。

小森陽一・東京大学教授、野田正彰・前関西学院大学教授、西谷敏・大阪市大名誉教授が講演。西谷氏は、「閉塞感の中で大阪では橋下氏の支持となっているが、アンケートに見られる人権無視、福祉・社会保障の切り捨てなど市民生活を悪化させるため、市民と公務員の分断をめざしている。橋下氏の誤った方向ではない、解決の方向の対案を出す必要がある」と語りました。

大阪市労組の竹村博子委員長は、「われわれは市民の生活、権利を守るために運動してきた」と述べ、「大阪だけでなく国民の権利を守るためにたたかう」と改めて表明。大阪教職員組合の末光章浩副委員長は、「市長による教育介入を許さない世論が『オール教育界』に広がり、反撃ののろしが上がっている」と述べ、各労組の代表がその実態を報告しました。

閉会あいさつでは、自治労連の野村幸裕委員長が「公務員が住民の仕事をするために憲法15条がある」と強調し、公務員を仮想敵とする攻撃に対して連帯してたたかおうと呼びかけました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.