2012年10月24日(水曜日)[ トピックス ]

「オスプレイ配備撤回を!日本に米軍基地いらない」10・23中央集会

1320-210月23日(火)の夕刻、「米軍は日本から出ていけ」「日本に米軍基地はいらない」の沖縄のたたかいに連帯して、全国39ヶ所でオスプレイ配備撤回や低空飛行訓練中止、米軍基地撤去を求める集会や行動などが行なわれるなか、東京・日比谷野外音楽堂でも「オスプレイ配備撤回を求める中央集会」が開かれました。
あいにくの雨にもかかわらず、市従からの参加者を含む2000人以上が全国から集まり、「オスプレイノー」のカードをいっせいに掲げて「基地のない平和な日本をつくろう」とアピールしました。
主催者の開会あいさつで実行委員会を代表して全労連の大黒作治議長が、「米軍は今すぐアメリカへ帰れ、の怒りの声を日米両政府にぶつけましょう」と呼びかけました。
連帯あいさつでは、沖縄県民大会実行委員会事務局長の玉城義和県議が「女性への暴行事件を受け、機能、沖縄県議会で初めて『全基地撤去』が決議に盛り込まれた。県民は日米安保条約が命や安全を脅かしていることを肌で感じている。連帯を強めて大きな平和運動をつくりあげていきましょう」と訴えました。
自治労連を代表して松繁憲法政策局長が「オスプレイ配備撤回、低空飛行中止、日米安保廃棄のために自治労連の全力で奮闘したい」と決意を表明しました。
集会の最後には、オスプレイ配備撤回、低空飛行訓練中止など全国的なたたかいを広げるアピールを採択。集会後、国会までデモ行進しました。
本部・西嶋 雅己

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.