2012年12月9日(日曜日)[ トピックス ]

「丁寧に作られる給食ありがたい」 くらしに役立つ仕事展

1325-1 12月9日(日)、今回で7回目となる「くらしに役立つ仕事展」が、横浜東口新都市プラザそごう地下2階前広場で開催されました。 北風の冷たい寒い日曜日ではありましたが、来場者数1500人を越え大盛況に終わりました。

会場入り口では資源循環局事業のマスコット「イーオ」「ミーオ」、港北土木事務所キャラクターの「どぼくねこ」がお出迎え。入り口ではクイズラリーの用紙と鉛筆が配られ、ゴールは給食支部お手製の揚げパンです。

給食・資源循環・学校用務・土木事務所・保育園・水再生センターがそれぞれのブースに分かれて、パネル展示やゲーム、手作りのお土産など、各支部工夫をこらして参加。

普段は目立たない現場で働いている私たち現業職の姿を、市民の皆さんに見てもらう良い機会となりました。

入ってすぐの給食のコーナーでは、回転釜の展示や野菜クイズ、給食の歴史や日々の給食室の様子を、パネルや写真で分かりやすく説明しました。

また、展示されている回転釜に入れたボールを実物のへらでかき混ぜながら「去年も来た。お給食がこんなに丁寧に作られてるなんてありがたい」と青葉区からのリピーター親子さんもいました。

初めて実行委員として参加した組合員は「チームワーク良く楽しく参加できて良かった」と言います。

師走という時季、通行人も買い物に忙しそうで通過していく親子連れも見受けられましたが、市民に広くアピールすることができました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.