2012年12月24日(月曜日)[ トピックス ]

「米軍基地撤去までがんばろう」沖縄・怒りの御万人大行動

1328-2米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備や米兵による相次ぐ事件事故に抗議する「オスプレイ配備撤回!米兵による凶悪事件糾弾!怒りの御万人(うまんちゅ)大行動」(同実行委員会主催)が2012年12月23日、沖縄・宜野湾海浜公園で開催されました。市従からも参加し、全体で3000人が集まりました。

宜野湾海浜公園の屋外劇場で開かれた集会では、主催者を代表し沖縄平和運動センター議長の崎山嗣幸さんが「諸悪の根源・米軍基地撤去までがんばろう」と主催者あいさつ。ヘリ基地反対協の安次富浩さんは「総選挙結果に私たちはひるまない。次期名護市長選で圧勝して新基地建設をとめよう」と訴えました。

集会では、オスプレイ配備や米兵による事件・事故に抗議し「無謀な犠牲の押し付けを強要する日米両政府、そして米軍当局に対し、今後とも決然と対峙し続けていく」とするアピール文を採択しました。

集会後、宜野湾海浜公園から米軍普天間飛行場大山ゲート前の広場まで約2キロをデモ行進しました。

デモには沖縄の著名なロックバンドをはじめ多数のミュージシャンも参加。アーティストがデモの列の間に入り、ジャズやテクノ、フラダンスなどを披露しながら、「サウンドデモ」が繰り広げられ、信号待ちの時間にアフリカ音楽でカチャーシーを踊り始める人もおり、楽しく行進しました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.