2013年2月25日(月曜日)[ 登りたいのは山々 ]

【第18山】愛宕山408m「ガイド必須の低山」

47都道府県にはそれぞれ最高峰があるが、その中で最も低いのが千葉県の愛宕山である(因みにブービー賞は沖縄県の於茂登岳で526m)。房総半島は巨大だが、低い丘陵の連なりで細々とした山地が入り組み、一部を除けば個々の峰は分かりにくい。愛宕山もご多分に漏れず、遠目にはその他大勢の一員といった感じであり、標高も№1とは言えドングリの背比べだから見分けるなど無理な話。ところが「腐っても鯛」といっては当の山に失礼だろうが、「低くても県最高峰」である以上、ここのピークを目指したがるハイカーは結構多い。

物理的(体力的)には愛宕山の登頂など造作もない。ただでさえ低いのに車道が高い所まで伸びているから、散歩の延長気分で山頂に立てる。ところがこの山が厄介なのは航空自衛隊峰岡山基地のど真ん中に位置していることだ。なにせ軍事基地である。自由に登れるはずがない。世が世であれば全国の名だたる県最高峰の中で最も登頂困難な山であったかもしれない。が、そこは平和国家ニッポンの良いところで、基地に入山申請をしておけば登頂できるのである。では準備完了、いざ登山、現地へご案内!

基地のゲートで連絡を取ると軍用車に乗ったお兄さん(もちろん自衛官)がやって来て開錠してくれる。基地入口の番所で事前提出の名簿と入基地者の照合。 これで晴れて基地内に入場。案内のガイドさん、もとい監視の女性自衛官が同行。初めは基地内の舗装道路を進むが山頂部のみ森になっていてちょっぴりハイキング気分。山頂には立派な標識、物好きハイカーのために自衛隊で立ててくれたのだろう。方角によっては撮影禁止だが記念写真のシャッターは切ってくれるし、近年では名刺サイズの登頂記念証までくれるサービスぶりだ。

総じて若い隊員が多く、愛想良く機敏に動いてくれる。しかしこれも平和なればこそ。一朝有事にでもなれば、たちまち立入厳禁だろう。愛宕山登頂は平和のバロメーターでもあるわけだ。いつまでも、気軽に千葉県最高峰に登れる世にしていかねばなるまい。

◆おすすめコース
ゲート-愛宕山(30分:初級向け)※さすがに愛宕山単独では物足りないので、車で出かけて周辺の他のハイク低山と組み合わせてプランニングしたい。

1330-1

(上の写真)基地入口のゲートにて(クリックすると大きく表示します。)

◆参考地図・ガイド ◎山と渓谷社新・分県登山ガイド「千葉県の山」◎国土地理院2万5千分の1地形図「金束」

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.