2008年5月15日(木曜日)[ 絵本ひらいてみませんか ]

第47回「まんげつのよるまでまちなさい」

絵本の表紙の写真訳 瀬田 貞二
絵 脇田 和
福音館書店



  この春、連載3年目になりました。
 無尽蔵な絵本の中から1冊を選ぶのはワクワクする「作業」です。が、毎回担当者を焦らせ、悩ませながらウンウン唸って書いています。
 手元のもので間に合わなくなると、書店や図書館へ出掛けます。行けば、つい時の経つのを忘れて長居をしてしまいます。

 そんなある日、書店でのこと。「早くしなさい」という声が聞こえてきました。振り返ると、若いお母さんが4歳くらいかしら、絵本を選んでいるおんなの子に向かってのひと言でした。あれこれ迷っている様子の子どもは、一層困った表情になりました。
 「早くしなさい」という言葉は保育士だった頃、日に何度も耳にしました。お母さんたちから、保育士たちから。急いでいなくても、本当なら待てなくはなくても、つい口にしがちなひと言です。
 きょうの絵本はそうではなくて、はやる子どもに「まだよ」「待って」と言い続けるお母さんのお話にしました。

 ある月のない暗い晩のこと。「夜」を見たことのないアライグマの子どもが外へ出たい、とお母さんに言います。
 けれど、お母さんの答えは「いまはだめ。まんげつになるまで まちなさい」
 耳を澄ますと聞こえてくる夜の音に、想像を膨らませるぼうやは毎日「よるをみたい」と訴えます。
 お母さんはしずかに語ったり歌ったりしながら「夜」の様々な表情を聴かせます。
 待つあいだに、ぼうやはからだも大きくなり、考える力もついてきます。

 そしてある日、きっぱりと「いいかい、かあさん。よるをみに もりへ行ってくる」とぼうや。もう「まちなさい」とは言わず「そう、きょうは まんげつよ」とかあさん。
 「ゆとり教育」は見直しを迫られ、おとなも、こなしきれない仕事を抱えた今の日本は、どんどん歪んでいってしまう気がします。
 ゆっくり子どもの成長を見守り、その時が来たことを悟れる親が増えて欲しいですね。
 しずかな展開のこのお話は「おやすみなさいのほん」などブラウンの絵本に共通し、鉛筆1本で表現してしまうウイリアムの絵の確かさは「しろいうさぎとくろいうさぎ」でご存じですね。

「横浜市従」第1206号(2008年5月15日)より

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.