2013年3月6日(水曜日)[ トピックス ]

「賃上げでデフレ打開・景気回復を」2013春闘勝利中央行動

全労連・国民春闘共闘委員会は3月5日(火)、13春闘におけるすべての労働者の賃上げ、安定した雇用の実現などを求めて中央行動に取り組みました。全国から3,000人が参加し、13春闘勝利に向け、共に闘う決意を固め合いました。

1333-1午前中の自治労連総務省前要求独自行動では、自治労連の野村幸裕委員長の主催者挨拶と猿橋均書記長の情勢報告に続き、千葉県本部と現業評議会のから決意表明がなされました。現業評議会の永冨雅夫議長は「君津市では震災後の停電の中、給食を提供し続けて当局に直営の必要性を認めさせ新規採用を勝ち取ったり、京都府宇治市で民間委託を見直させた。その一方で、現業職場では非正規職員の増加、雇い止め、委託を受けた業者が最賃ギリギリで雇用するなどの問題が発生している」と訴えました。

最後は総務省庁舎に向かって「公務員の賃金を改善しろ」「現業賃金の引き下げ反対」のシュプレヒコールをぶつけました。

昼からの総決起集会は日比谷公会堂で行なわれ、2000人が集まりました。国民春闘共闘代表幹事・全労連の大黒作治議長があいさつに立ち、「大企業の267兆円の内部留保を賃上げ、下請け単価引き上げ、非正規の正規化など社会に還元させ、デフレ打開、景気回復させるためさらに賃上げの風を吹かせよう」と呼びかけました。

4単産代表の決意表明では、「最低賃金1000円以上にさせることが、タクシー・ハイヤー労働者の賃金労働条件改善につながる」(自交総連)、「安倍首相による『教育を管理と競争へ』『戦争をする国や人づくり』から子どもたちを守る。退職手当削減や賃下げは国民全体に対する攻撃だ」(全教)、「岩手は最低賃金が653円と低い。最低賃金1000円以上を早期実現したい」(いわて生協労連)、「賃金や夜勤・交替制勤務の改善など、看護師も人間らしい働き方ができる制度改善を」(日本医労連)と決意が述べられました。

集会後は銀座パレードに出発し、沿道を歩く人たちにアピールしました。

銀座パレードのゴールは大手町の経団連ビル。参加者は日本経団連包囲行動に取り組みました。

最後に参加者全員で経団連ビルに向かって「内部留保を賃上げにまわせ」など、怒りのシュプレヒコールをぶつけ、全労連・根本副議長が閉会あいさつで、全体を通しての参加者が3000人であったことを報告、「団結ガンバロー」三唱で締めくくりました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.