2013年3月4日(月曜日)[ トピックス ]

「いま闘えば必ず勝利できる」横浜公園で県民大集会

「3・3県民大集会」が3月3日(日)、横浜公園で開催されました。市内の労働団体、市民団体など約2000人が参加し、市従からも各支部から60人が参加しました。

1333-2集会のオープニングでは、高校生5人のアイドルグループ「制服向上委員会」が「脱原発の歌」など3曲を披露し、集会を盛り上げました。

主催者あいさつで神奈川県労連の水谷正人議長は、「今集会の柱は『賃金引き上げ、最低賃金を1000円以上に』『仲間を拡大し、次世代育成を』『憲法9条を守ろう、原発ゼロ・オスプレイ配備撤回・TPP参加反対・消費税増税反対』の3つ。安倍内閣で景気の閉塞感はいっそう深まっている。労働者賃金を上げることが景気回復になる。今闘えば必ず勝利できる」と話しました。

連帯のあいさつでは、日本共産党・委員長の小池晃さんが「安倍内閣は政治の危機突破を言うが、今の危機はもともと自民党政権が作った。

民意に反する政治はやがて行き詰まる。こんな政治はみんなの力で変えよう」と呼びかけました。

「私は言いたい、アピールタイム」では建設労連主婦協議会、新日本婦人の会、国労・神奈川地区本部、自由法曹団の代表が、壇上に上がり消費税反対などを訴えました。

集会後は2コースに分かれ、各単組・市民団体が、横断幕、ノボリ、手作りのプラカードなどを掲げ「消費税増税反対」などのシュプレヒコールでアピールしながら、デモ行進しました。市従の隊列は、みなとみらい地区を通りパシフィコ横浜前までのコースを元気よく歩きました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.