2013年5月2日(木曜日)[ トピックス ]

「原発なくして、賃金あげて、消費税反対、平和で住みよい日本、ヨコハマを」第84回神奈川県メーデー開催、横浜公園に2000人

5月1日、第84回神奈川県メーデーが横浜公園で行われ、市従の400人含め約2000人が参加しました。当日は天候も心配されましたが、集会が始まるころにはすっかり晴天に変わりました。

1339-2

1339-3

主催者を代表して神奈川労連の水谷議長があいさつ。「アベノミクスによる雇用の維持・定着型からの大転換で、労働者の大半を非正規・有期雇用、首切り自由にする雇用の流動化政策に断固反対しよう。」「原発ゼロ・再稼働反対・被災地支援の行動を強めよう。」「7月の参議院選挙は、平和と民主主義を守れるかどうか、そして、子どもたちの命を守り、若者の希望のもてる社会にできるかどうかの一大決戦。職場や地域で要求と政治の関係を学び語りあおう」「仲間を増やし、共に闘い、がんばってよかったといえる職場と地域・社会にするために、力を合わせてがんばりましょう。」と訴えました。

1339-4その後、来賓あいさつ、対県・対市交渉の報告に続き、各団体アピール、そしてブラスバンド「ロビンズ」による演奏が力強く賑やかに披露され、参加者の大きな拍手を得ました。

争議組合・争議団の紹介では、神奈川フィルの不当解雇問題やマツダ争議などについて支援の訴えが行われました。

集会後、2コースに分かれデモ行進が行われ市従は伊勢佐木町コースを手づくりのプラカード・横断幕で市民にアピールしながら元気よく行進しました。恒例の市従メーデーコンクールも行われ、昨年に引き続き時間外支部が最優秀賞を受賞しました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.