2008年6月5日(木曜日)[ トピックス ]

忘れない 語り継ごう

6月1日の中学生による朗読劇平和のための戦争展

 5月30日から6月1日の3日間、かながわ県民センターで「2008平和のための戦争展inよこはま」が開催され、延べ2000人の入場者がありました。

 1階展示場では、横浜大空襲、戦禍の横浜、戦争に動員される市民など約500点の写真や資料が展示され、多くの市民が熱心に見学していました。2階ホールでは3日間の特別企画があり、最終日の1日には、大空襲や米軍機墜落事件をテーマにした、中学生による朗読劇が披露されました。

  日吉台西中と茅ヶ崎中による「63年前の5月29日・よこはま」、境木中個別支援学級による「平和のハトと愛のバラ」、奈良中による「お空の上から何が見えますか」、音楽や映像・合唱・ハンドベルなどを組み合わせた朗読劇に聴衆は惜しみない拍手を贈っていました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.