2013年7月25日(木曜日)[ トピックス ]

市長選挙予定候補のしばたさんと政策協定に調印

1346-17月24日の市従定期大会の場で、市従が決定した「市長選挙に臨む市従の基本要求」の実現に向け、しばたさんと市従が努力することを確認し、政策協定に調印しました。

しばたさんから、「5月の立候補表明から政治を変えてほしい、市政を変えてほしいという市民の声が日増しに高まっています。みなさんが働きやすい職場環境づくり、防災対策、脱原発、中学校給食実現といった市民の切実な要求を大切にしていきます。よろしくお願します」との決意表明がありました。横浜市長選挙は8月11日告示、25日投票で行われます。

「市民の市長をつくる会」政策(抜粋)

  1. 脱原発社会・市民の安全・安心をまもる防災都市ヨコハマを目指します。
  2. まちのにぎわいは市民の元気な暮らしから、住みよいヨコハマを目指します。
  3. 市民のくらし応援、福祉・教育の充実したヨコハマを目指します。
  4. 市民生活優先の市政・財政運営を進め、憲法を暮らしに生かすヨコハマを目指します。

市長選挙に臨む市従の基本要求(抜粋)

  1. 職員が健康で生き生き働き続けられるよう人員増、労働条件の改善をめざします。
  2. 職員の意見が反映され、自由にものが言える民主的な職場の実現をめざします。
  3. 民営化・民間委託優先でなく、自治体が責任を持って「住民の福祉の向上」という自治体本来の役割を果たす市政の実現をめざします。
  4. 市民のいのちとくらしを最優先する市政をめざします。
  5. 憲法をくらしに活かし、平和で、市民が安心・安全に暮らせる市政をめざします。
Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.