2014年2月7日(金曜日)[ トピックス ]

「憲法を守ろう、そして原発ゼロ・核兵器の禁止を」市従昼休み署名行動実施

1364-32月6日、冷え込みの厳しい関内駅前の昼休み、市従は毎月、6日もしくは9日を中心に行っている恒例の「憲法9条を守り、原発ゼロそして核兵器の禁止」を呼びかける署名行動を実施し、市従本部や退職者会、本庁舎周辺支部の組合員などから9人が参加しました。

安倍政権は、多くの国民の反対をよそに特定秘密保護法を強行可決し、日本を戦争する国に変えようとしています。今、憲法9条を守り、活かしていくことは、まますます重要になっています。

関内駅前を歩く通行人や学生らに、憲法9条を守ること、また核兵器の廃絶を求めていくことと合わせ「いまだに福島の原発は多量の放射性物質を放っており処理の見通しはたっていない、原発はなくても自然再生エネルギーで生活は可能、原発ゼロに向け署名のご協力を」と、マイクによる訴えと署名を呼びかけました。

通りかかった2人連れ女性は笑顔で署名に応じてくれ、また「核廃絶、当然でしょう。でも今急いでいるから」と申しわけなさそうに通りすぎる男性もいましたが、多くの方が署名に協力してくれました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.