2014年3月7日(金曜日)[ トピックス ]

「生活できる賃上げめざそう」全労連と春闘共闘 4000人が中央行動

1367-43月6日、すべての労働者の大幅な賃上げを実現する春闘にするため、全労連・国民春闘共闘委員会は国会請願、省庁前宣伝を含む中央行動に取り組みました。タクシーや建設業、生協や医療関係、郵便局で働く仲間、教職員や国家公務員、そして自治労連等の仲間が全国から約4000人集まり、終日の行動に取り組みました。

当日は朝の通勤時間帯から宣伝行動に取り組み、東京丸の内では全労連女性部が、池袋ではパートで働く仲間がそれぞれ行動しました。昼休みに行った日比谷野外音楽堂での集会にはその時間だけしか参加できない霞が関で働く職場の組合員も集まりました。

全労連の代表や、各産別の代表からは「大企業がため込んでいる内部留保272兆円を賃金に回そう!」「労働法制の改悪、戦争できる国づくりを目指す安倍政権にストップをかけよう!」「ベースアップでやる気アップ!」等の発言がありました。

昼休みの前後には「給与制度の総合的見直し許すな!」「賃金改善、労働法制大改悪反対!」「社会保障制度拡充を求める!」等の要求を掲げ、人事院や厚生労働省前で宣伝行動を行いました。その後は秘密保護法廃止、集団的自衛権行使反対、国民の暮らしといのちを守る予算の実現を求めて、国会請願デモにも取り組みました。

夕刻からは砂防会館で公務関係の労働者が集まり、決起集会を開催し、給与制度の総合的見直し・総人件費削減を許さない闘いに立ち上がることを確認しました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.