2014年3月3日(月曜日)[ トピックス ]

「安倍政権の暴走を許さず、賃上げを勝ち取り、くらしと命を守ろう」2014春闘勝利3・2神奈川県民集会を開催

1367-5 14春闘の勝利をめざして神奈川県国民春闘共闘会議は横浜公園で3.2県民集会を開催しました。市従から参加の70人を含め県内民主団体や各労働組合など約1000人が小雨のなか参加しました。

神奈川労連副議長の福田裕行さんが主催者あいさつ。「2014春闘で賃上げを勝ち取り安倍政権の憲法改悪や戦争する国づくりを阻止しよう」と訴えました。

連帯のあいさつに立った日本共産党参議院議員の小池晃さんは「憲法改悪、原発推進、消費税増税などを強行しようとする安倍政権の暴走に批判の声が高まっている。安倍政権の冷たい政治に倍返しをして行こう」と呼びかけました。

落語家の立川談之助さんは安倍政権や辞任した東京都知事など世相を風刺した高座を行い、その後6団体代表から連帯のアピールが行われました。

  1. 新日本婦人の会は、不当で危険な法律「特定秘密保護法」をみんなの力で潰そうと「ひみつのあっこちゃん」のテーマに合わせた替え歌を披露。
  2. 県立養護学校組合は「神奈川県の私学助成は全国最下位クラス。さらに予算削減で安上がりの学校教育を行おうとしている。歴史教科書も行政の圧力で変更させようとしているが許せるものではない」
  3. 港湾労組は「今春闘は賃上げが最大の課題。雇用も含め要求するだけではなく、実現に向け闘う力を示していきたい」
  4. 建設労連は「アスベスト訴訟の勝利判決に向け、多くのみなさんの支援を」
  5. 脱原発行動青年の会は「東電前で毎週実施している脱原発アクション」は既に65回を数えた。行動への支援・協力を訴え「脱原発のシュプレヒコール」を会場の参加者にも呼びかけた。
  6. 年金者組合は、「安倍政権は短命で終わらせ私たちは長生きしよう」と20人ほどがサンバのリズムに合わせ、替え歌「長生きサンバ」を元気いっぱい歌い踊った。会場の拍手喝采を受け、アピールコンテストでも優勝しました。

集会後はデモ行進を行いました。市従は東電や県庁前を経由し、みなとみらい地区までのコースに加わり「賃金上げろ」「リストラ首切りやめろ」「秘密保護法廃止」「戦争する国づくり反対」など元気にシュプレヒコールしながら行進しました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.