2014年3月10日(月曜日)[ トピックス ]

NO NUKES DAY 原発ゼロを求める大統一行動

1368-2「反原発」に3万2000人結集
「福島無視の再稼働許すな」
収束どころか汚染水が漏れ続け、避難生活者14万人

3月9日(日) 首都圏反原発連合(反原連)など3団体は「NO NUKES DAY 原発ゼロを求める大統一行動」を展開しました。3万2000人が参加し、日比谷野外音楽堂に入りきれない参加者たちが日比谷公園内を埋めつくし、市従からも20人が参加しました。

3.11の原発事故から3年「福島を忘れるな!再稼働を許すな!」と原発現地からのスピーチとともに、坂本龍一氏のゲストスピーチも会場を盛り上げました。福島では事故の収束どころか、今もまだ高濃度の汚染水が漏れ続けており、14万人もの人たちが避難生活を続けていることも報告されました。

安倍首相は再稼働に躍起になり、世界に原発を売り歩いていますが、私たちは核と人類が共存できないこと、そして日本に稼働している原発が一つもない状態でも、十分暮らしていけることを学んでいます。

集会後、大デモ団は音楽やドラム隊に見送られ日比谷公園を出発。国会に向け、首相公邸前、議員会館と3万2000人の声が霞が関に移り、コールが広がりました。国会前には共産党と民主党の国会議員が待機し、デモ団に応えて、国会前の大集会へと移ります。首相官邸前での大抗議コール、また国会前でも大集会は毎週金曜行動でもお馴染みでしたが、若い小さな子ども連れの夫婦や国会周辺を走り回る自転車隊、ドラム隊など参加の形態はますます広がってきています。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.