2014年6月18日(水曜日)[ トピックス ]

「戦争する国にするな、憲法破壊の暴挙許さない」5000人が日比谷野音で集会・デモ

6月17日、「閣議決定で戦争する国にするな!」大集会が日比谷野外音楽堂で開かれました。会場は赤の「戦争反対」、青の「9条こわすな」のプラカードを掲げる人でいっぱいになり、収容人数を超えて入りきれなかった人達はデモの出発口で待機、5000人を超える人々が集まり、市従からも18人が駆けつけました。

1377-2

主催者挨拶は「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の高田さん。政党からは民主党、日本共産党、社会民主党から代表が挨拶しました。続いてゲストスピーチの翻訳家・池田香代子さんは「憲法は私たちの中で生きている。解釈をどう捻じ曲げようと集団的自衛権は行使できない。大きな民主主義のうねりを作り、徹底的に対抗しよう」と訴えました。その後、連帯の挨拶は日本弁護士会、日本ペンクラブ、立憲デモクラシーの会、戦争させない1000人委員会など、また元自衛官による発言もあり、1時間で終了しました。

集会終了後には、国会と銀座の2コースにわかれて、デモ行進。この日安倍内閣は、閣議決定で集団的自衛権行使を容認する案を示しましたが、「閣議決定をやめよ」というシュプレヒコールが霞が関に広がり、国会前では各党議員も待ちうけて合流しました。

安倍首相は、今国会で閣議決定しようと密室で解釈改憲に関する閣議決定案まで提示、強行しようとしました。集団的自衛権を行使することで他国の戦争に巻き込まれることは必至であり、なし崩し的に閣議決定を急ぐ事に対して自民・公明の足元からも異議が出され、またこの大集会や全国からの反対の声をうけて、今国会での閣議決定は断念せざるを得なくなりました。しかし、安心はできません。私たちは戦争で自分が殺されることも、人を殺すこともしたくありません。今後も憲法を守り、戦争反対という国民の声を政府に突き付けていくことが必要です。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.