2014年8月22日(金曜日)[ トピックス ]

「婦人部らしい楽しい活動を職場でも広げていこう」市従婦人部第54回定期大会

1384-2 8月21日、市従婦人部第54回定期大会が市従会館で開催されました。

今年の大会前学習会は「認知症とアロマテラピー」について橋本佐枝子さんにお話しいただき、認知症の主な原因、大脳とアロマテラピーの関係や香り、臭覚の伝達経路などを学び、アロマによる自然療法、癒し療法を学びました。

発言は、8人から。時間外支部からは保育者と保護者との連携を大切にしながら仕事をすすめていること、市立保育所民営化反対のとりくみを進めていることの報告、栄支部からは婦人部が非組合員にも声をかけてクリスマスリース作りやアロマテラピー講座を行い参加しやすい組合づくりに努力してきたこと、都筑支部吉沢さんからは平和の問題、特に原発問題が大きく広がってきている中で様々な取り組みに参加してきたことや婦人部バスツアーを今後もぜひ続けてほしいとの要望、時間外支部から、保育新システムの中で保育の危機が広がっている市従保育対策委員会の活動状況の報告と、民営化阻止のための署名行動などの協力の訴え。

書記局支部からは、支部の紹介と各支部が組織拡大の取り組みを頑張るためにも先頭に立って行くことの表明、経済支部からは管理職が人権問題の学習会をいくらやっても職場の中でその進展が見られない状況、西支部からは今年で再任用も終わるが長い間婦人部活動をとりくんできたこと、ぜひ卒業後もお役にたてることがあれば参加したいとの激励、最後に鶴見支部から組織拡大について鶴見支部の実績紹介から婦人部としても頑張る必要があるという内容でした。

婦人部常任委員は婦人部が女性のネットワークを生かしていろいろな楽しい活動していくためにも、皆さんの協力をお願いしました。その後四役選挙、決議案、スローガンを確認、そして大会宣言の提案、新旧役員の紹介とあいさつが行なわれ、最後には婦人部らしく、「青い空は」を歌って終了しました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.