2014年10月27日(月曜日)[ トピックス ]

4500人がスタジアム前に「戦争させない」の声あげる -10・26かながわ大集会

1390-1 10月26日(日)午後、「考えよう!集まろう!声をあげよう!集団的自衛権にNO!10・26かながわ大集会」が横浜公園で開催されました。

これは神奈川労働弁護団・社会文化法律センター神奈川支部・自由法曹団神奈川支部・青年法律家協会弁学合同部会神奈川支部が主催し、横浜弁護士会が後援し、会場は4500人の参加であふれました。

主催団体からの開会あいさつの後、横浜弁護士会憲法問題対策本部から情勢報告、そして横浜弁護士会小野毅会長、日本弁護士連合会からは水地啓子副会長のあいさつがありました。

その後、司会の若手弁護士による、プラカード「集団的自衛権にNO!」と「戦争はさせない!」というシュプレヒコールの練習。各界からのスピーチは、清水雅彦日本体育大学教授、カトリック横浜教区河野淳司祭、民主党、共産党、社民党、9条を世界遺産にする会、明日の自由を守る若手弁護士の会ほか、幅広い団体からのスピーチが続きました。集会アピールでは「私たちは、日本を戦争をする国へと導く、閣議決定に断固抗議し、その撤回を求めるとともに、今後の法改正等にも強く反対し、思いを共にする人々とともに、その目的を達成するため、あらゆる努力と行動を尽くすことをここに表明」することを、大きな拍手で確認しました。

デモコースは3つに分かれ、桜木町駅、日ノ出町駅、山下公園までのコース。市従は桜木町へ向かいながら、大きなシュプレヒコールで道行く人々に訴えました。最後に駅前で西嶋平国委員長の音頭でガンバロウを三唱し、解散しました。市従からの参加者は50人、退職者会や年金組合の参加者含め元市従の方も多く、久しぶりに大きな元気の出る集会となりました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.