2015年3月3日(火曜日)[ トピックス ]

「組合の枠組みを越えて労働法制改悪を許さない取り組みを」STOP!労働法制改悪、労働法制改悪阻止を目指す集会

1401-3 3月2日、開港記念会館で「STOP!労働法制改悪、労働法制改悪阻止を目指す集会」が神奈川労働弁護団の主催で行われました。

集会には労働組合等の枠組みをこえ250名を超える参加者が集まり、神奈川労連の福田議長、「連合」神奈川の渡部副事務局長から労働法制改悪に反対しともに闘うあいさつを行い、また国会から民主党石橋参議院議員、共産党畑野衆議院議員、社民党福島参議院議員の連帯のあいさつがありました。

報告では、日本労働弁護団常任幹事の嶋﨑弁護士から「現行制度でも働きすぎによる過労死が増えているし、違法なサービス残業が野放しにされている」。「過労死等防止対策推進法が施行されているにもかかわらず、労働法制の改悪により、長時間労働や残業代不払いが合法化されることになる」、「派遣法」や「解雇の金銭解決制度」についても企業側の都合がよくなるばかりで労働者を保護する規定にはなっていないし、労働組合がつぶされる危険性がある等の報告がされました。

集会の最後に主催者から、同日に「残業代ゼロ」制度の創設など労働基準法を改悪する法律案要綱を労働政策審議会・労働条件分科会で労働者側の反対を押し切ってとりまとめられ、厚生労働大臣に答申され事態は急を告げている、「残業代ゼロ」ではなく「過労死ゼロ」の実現を目指し、労働法制を絶対に改悪させない取り組みを労働組合等の枠組みをこえ強めていこうと呼びかけられ、全体の拍手で確認しました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.