2015年4月13日(月曜日)[ トピックス ]

市民病院で組合説明会 「いい看護がしたい」、「地域医療を守りたい」という思いを実現します

1404-2

市従の各支部は配属直後から4月下旬にかけて新採用者、転入組合員のみなさんを対象にした組合説明会、歓迎会を開催しています。市民病院では4月9日研修の昼休みに、看護師を対象にした組合説明会を開催しました。

市民病院分会役員のNさんの司会でスタート。分会長のTさんがあいさつ。長く働ける職場、働きやすい職場を作ってきた市従のこれまでの取り組み、いい看護をしていきたいという思いを伝えました。同じく分会役員のTさんが組合が勝ち取ってきた成果などを体験を交えて報告。参加者からは「組合の成果はすごいですね」との感想も寄せられました。

その後、本部役員から市従は市役所の全ての職場にあり、住民に喜ばれる仕事をしたいという思いで職員が市従に集まっていることを説明。また、市従は新採用者のみなさんが職場の仲間に加わることを心から歓迎しており、4月24日にはフレッシュパーティーを準備しているのでぜひ参加してほしいと訴えました。21人がフレッシュパーティに参加申し込みをしました。

また仕事に対する思いや今後の心配事などを質問したアンケートも実施。加入届の記入も相次ぎ、新しい市従の仲間が誕生しました。夜には病院内のレストランで歓迎会も実施しました。これからも市民に頼られる看護師、働きやすい市民病院を目指して、市民病院分会は奮闘していきます。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.