2015年3月23日(月曜日)[ トピックス ]

「すべての人が大切にされるあたたかい県政を」県知事選挙公開討論会

1402-2

選挙候補者による公開討論会が3月20日、東神奈川駅前のかなっくホールで開催され、市従が推薦する岡本はじめさんと黒岩現知事が政策などを語りました。

討論は若者の政治参加、教育や雇用問題など1時間程度では語りつくせないものでした。

討論のまとめで岡本さんは、「首都圏が壊滅的な影響をうける横須賀の原子力空母の母港化返上、世界一危険な京浜コンビナートの防災対策」も必要と訴え、医療については市町村の健康診断受診率が25%であることを紹介し、「市町村支援で受診率をあげる地についた施策が必要」と指摘しました。さらに医療費については、中学校卒業までの小児と65歳以上の県民の無料化を図るとして、「お金がなくて病院にかかれない、命を縮めることのないように」するのが政治の役割と述べました。

原発再稼働容認、集団的自衛権賛成、消費税大増税を評価している現知事では、私たちのくらしは豊かになりません。住民の安心安全なくらしを守るためにも、「市民のためにいい仕事がしたい」という私たちの思いを岡本はじめさんに託し、職場からも声を広げましょう。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.