2015年8月31日(月曜日)[ トピックス ]

違憲の戦争法案は今すぐ廃案に。国会周辺に12万人の「戦争させない」

0830

戦争法案は歴代の内閣法制局長官、最高裁判所元長官、ほとんどの憲法学者、すべての弁護士会が違憲だと指摘しています。8月30日には戦争法案に反対し安倍政権退陣を求める「国会10万人・全国100万人大行動」が行われ、全国1000カ所以上で市民が抗議の声をあげました。国会周辺には12万人以上が集まり、市従からも多くの組合員が参加して最大規模の法案反対抗議行動となりました。

今回の戦争法案は憲法を無視し、日本がアメリカにくっついて世界中どこでも戦争ができるようにするものです。

午後1時30分に永田町駅に着くと、ホームはゼッケンやカード、旗などを持った老若男女でいっぱいでした。階段を上って地上に出ると、人がそこここにあふれていてにっちもさっちもいかず、身動きできませんでした。国民は法案を理解していないのではなく、理解しているからこそ居ても立ってもいられない気持ちで国会に来ているのだという切迫感をひしひしと感じました。

戦後の70年は自分で考え行動するという民主主義の根本精神を静かに育ててきた点で無駄ではなく、草の根民主主義は確実にここにあると思います。自分の子、孫、未来の世代のために出来ることを精一杯やって、なんとしてもこの悪法を葬り去りましょう。

参加者の声

▼永田町駅2番出口が封鎖されるほど大勢の人が国会図書館方面へ歩いている。「戦争法案絶対反対!」と声を上げながら、赤ちゃん連れのママからお年寄りまで、とにかくたくさんの人たちが集まってきている。あらためて他人事ではなかったんだと思い知らされた集会でした。未来を担う子どもたちの為にも戦争法案絶対反対!(T・K)

▼休日で雨にもかかわらず、12万人が戦争法案阻止のために立ち上がっていると思うと身震いしました。乳児を抱える女性や、小学生くらいの子どもたちと一緒に参加している夫婦をみて、あらためて本法案阻止に気合が入りました(K・H)

▼色々な立場の人の参加があったが、私自身としては福島人としての参加だったように思う。原発は核兵器を安定的に維持する為に欠かせないもの、それを国策で推進した政府。安心安全だったはずの原発は爆発し、政府は為す術もなくオロオロ。そして公にできないヤバいことは隠し続けている。国家、国民の安全を守る為の戦争法案とヤバいことを隠し続けるための秘密保護法。このヤバい空気を感じとった人たちが、それぞれの立場で今、各地で声を挙げ始めていることに感動した。これだけの声があるにも関わらず依然強行採決しようとしている政府には呆れてものも言えないが、それでも諦めずに言い続けたいと思う。私たちの安心、安全は武力行使では守れない。世界のどこかで戦争という殺し合いのある限り私たちは心が休まらないことを(T・S)

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.