2016年6月7日(火曜日)[ トピックス ]

「憲法9条は人類の宝」9条かながわ大集会2016 in 湘南ちがさき

1443-3

9条かながわ大集会が6月4日、茅ヶ崎市民文化会館で開催されました。午前中は「戦争法とマスコミ」「造ってはいけなかった原発」など8つの各分科会が約500人の参加で行われました。

午後は「全体会」が行われ、1000人以上の参加者で会場が埋め尽くされました。

全体会のオープニングはダンスパフォーマンスMINXの軽快なグループダンス。少女たちの軽快なダンスに大きな拍手が送られました。

実行委員長の井上紀子さんのあいさつの後、ひとつ目の講演はルポライターの鎌田慧さんの「戦争と核とアベノミクス」と題し、安倍政権が推し進める沖縄県民の意向を無視した辺野古基地問題や福島原発問題に関わり「唯一の被爆国でありながら核兵器廃絶の方向へ向かっていない安倍首相」などの問題を訴えました。

2つ目の講演は東京大学大学院教授で九条の会事務局長の小森陽一さん、「安保法制を廃止する空前の共同を」というテーマで話し「戦争法を廃止できるかどうかは今度の参議院選挙で戦争法廃止を求める野党勢力が共闘すること、それを支援する草の根の市民運動の力にかかっている」また「戦争させない、9条壊すな、総がかり実行委員会が明日、開催する全国集会に参加を」と訴えました。

その後、各地域の九条の会からの報告。最後に、この国に戦争はいらない、憲法9条は人類の宝ものと謳う、「ちがさきアピール」を参加者の大きな拍手で確認しました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.