2016年6月20日(月曜日)[ トピックス ]

「安全保障関連法(戦争法)廃止署名宣伝」桜木町駅頭で市従独自の行動に取り組む

市従は桜木町駅みなとみらい側の広場で6月18日、「戦争法廃止を求める2000万署名」に取り組みました。安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回は参議院選における野党共闘の合意の1つです。

1444-2

昨年9月に参議院で強行可決された戦争法は99%以上の憲法学者、歴代の内閣法制局長官、全国すべての弁護士会が憲法違反だと断じた法律です。憲法尊重義務のある自治体労働者の職員団体として、法律の廃止に取り組むことは当然です。
今回から18歳選挙権が施行されることもあり、たくさんの高校生が足を止め、説明に耳を傾けていました。

安倍政権が参議院選後に憲法改悪に乗り出すことは間違いありません。憲法を守る立場で今の政治を変えていくことが自治体労働者の責務です。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.