2016年6月20日(月曜日)[ トピックス ]

国会前 、県民集会に連帯して1万人「米海兵隊の撤退、地位協定の抜本的見直し、新基地建設反対」

沖縄で元海兵隊員の軍属が女性を強姦し、殺害し、棄てた凄惨な事件の被害者を追悼する県民集会が6月19日、那覇市で6万5千人を集めて開催され、市従からも参加しました。

1444-3

「本土」でも全国40か所以上で連帯する集会が開かれ、東京では国会前で約1万人が集まり、抗議の声をあげました。

綱紀粛正が唱えられますが、凄惨な事件後も飲酒運転による交通事故が相次ぎ、沖縄に基地が存在する限り犯罪がなくならないことは一層明白です。

国会前では「日米地位協定を抜本的に変えろ」、「海兵隊は沖縄から出ていけ」などのプラカードを持った参加者であふれました。

沖縄の問題は私たちの問題です。沖縄だけに過重な基地負担を押しつけて平気な「本土」の人間が変われば、大きく動く問題です。

政治が変われば沖縄の基地問題は大きく前進します。沖縄から、日本からすべての米軍基地の撤去にむけて取り組んでいきましょう。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.