2016年9月20日(火曜日)[ トピックス ]

「野党共闘、市民とともに。違憲の戦争法は廃止に」強行採決からまる1年 9・19国会正門前行動

安倍政権による安保関連法(戦争法)の強行採決から1年となった9月19日、全国400か所以上で、「違憲の戦争法を絶対廃止に」、「自衛隊員の命を守れ」、「辺野古に新基地は造るな」を訴えた集会が開催され、東京では国会正門前を中心に、国会を取り囲んで、全国から2万3000人が集まりました。

1452-1

政党からは、民進、共産、社民、生活があいさつし、それぞれ、引き続き野党共闘を強め、安倍政権打倒へ向けてともに闘おうと訴えました。

平然と憲法違反の安保関連法を成立させた安倍政権は、沖縄でも民意を無視して、違法な県道封鎖を含む暴力的なやり方で辺野古新基地建設、高江ヘリパッド建設を強引に推し進めています。その姿勢は植民地主義者そのものです。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.