2017年3月10日(金曜日)[ トピックス ]

「ヨコハマにカジノいらないじゃん」市庁舎前で宣伝行動

カジノ賭博場を誘致しないことなどを求め、カジノ誘致反対横浜連絡会は2月14日と22日に市庁舎前で宣伝を行いました。

1466-1

各日30人ほどの参加者はそろいの水色のパーカーを着て「ヨコハマにカジノはいらないじゃん!」などと書かれたパネルを持ちスタンディングでアピールし、チラシ配りや署名を集めました。

リレートークでは通りがかりの市民もマイクを握り、自身が行き来しているというアメリカのガーデナは、「カジノができてから犯罪も多くなった」等ひどい実態が話されました。共同代表の後藤仁敏鶴見大学名誉教授は、賭博は個人や家庭を破壊するものであり、カジノ誘致は「教育者として許せない」と語りました。

また14日には、一貫してカジノ誘致反対を主張している日本共産党横浜市議団9人も駆けつけ、古谷靖彦議員が「カジノの利益は負けた人から生み出されるもの。まともな経済対策を求めていきます」と訴えました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.