2017年8月4日(金曜日)[ トピックス ]

伊藤ひろたかさん、追い上げ及ばず

市民と野党の共闘で安倍政権直結市政を市民の手に取り戻すため、市従は市長選挙に取り組み、伊藤ひろたか氏を支援してきましたが、追い上げも及ばず、現職の林市長の当選という結果となりました。

安倍政権の中枢、菅官房長官が後ろ盾といわれる林市政。自民党の推薦を受け、菅官房長官のおひざ元であるにも関わらず、都議選での秋葉原の二の舞を避け、最後まで菅官房長官は街頭に立つことなく、選挙戦を終えました。さらに最大の争点であったカジノ誘致については、「白紙」とし、中学校給食実現については、「『ハマ弁』給食」と言い始めるなど争点隠しとごまかしに終始しました。

最終盤には文字通り、市民と野党の共闘を実践し、力合わせて大奮闘しましたが、出遅れを取り戻すまでに至らず、争点隠し、偽りの実績宣伝を打ち破ることができませんでした。しかし、カジノ反対、中学校給食実現の声は多くの市民の声であり、切実な要求であることが選挙戦を通じてあらためて示されました。

今後も市従に団結し、職場要求と市民要求を統一して、その実現のためにともに取り組んでいきます。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.