2008年10月29日(水曜日)[ トピックス ]

横浜・上海共に発展を誓う

舞台上であいさつしているのは上海市副市長友好都市締結35周年で式典

 横浜と上海の友好都市締結35周年を迎え、10月24日に上海市内で記念式典が開催されました。横浜からは14団体200人が訪中し、市労連は、横浜地域連合と合同で「勤労者の翼」訪中団20人を派遣、市従からは2人が参加しました。

 「勤労者の翼」を受け入れてくれたのは、690万人を組織する労組「上海市総工会」です。総工会の案内のもと、上海松下の半導体工場を訪問して労組と交流し、上海松下でも派遣社員が40%を超えているが、手当・福利厚生などは同じであると説明を受けました。

 西郊賓館での式典には、両国から約300人が参加、上海市副市長、横浜市長、横浜市議会議長がそれぞれ挨拶し、友好35周年を讃え、共に発展への思いを述べました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.