2008年11月26日(水曜日)[ トピックス ]

横浜市が最下位

充実したサービスの提供こそが最優先図書館と蔵書数

 横浜市の一番は、市長の給料と職員の少なさが目立っていますが、政令指定都市で図書館が一番少ないのも横浜です。

 横浜市の図書館数は18館、人口10万人あたりでは0・5館で最下位、トップの東京都区部の2・5館の5分の1しかありません。蔵書数も同様に最下位で、人口千人あたり1076冊しかありませんが、トップの静岡市は、2983冊で、約3倍です。横浜市はそれでも少ない職員の奮闘で他都市に負けない充実したサービスを提供しています。

 今当局がすべきは指定管理者制度の導入ではなく、他都市に負けない図書館行政の充実ではないでしょうか。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.