2008年12月11日(木曜日)[ トピックス ]

憲法改悪 NO!

婦人部のタペストリーと市従の取り組みを報告国民多数派めざせ

 12月5日新横浜プリンスホテルで自治労連が「憲法闘争を進める全国交流会」を開催し、全国から約170人が参加しました。

 基調報告では全国キャラバンで首長との懇談が進み「首長9条の会」からメッセージが寄せられ、憲法署名1人10筆の呼びかけにピースチャレンジャーなど運動が大きく広がったと報告、国民の多数派形成をめざして取り組むことが提起されました。

 各地の活動報告では、女性部がパフォーマンスで「戦争ホウキで、悪政も戦争も一掃しよう」と呼びかけると拍手が湧きました。長野県阿智村では組合と当局の共催で憲法学習会を開催、岡山では学童9条の会結成、などの報告がありました。

 記念講演で愛知大学の小林武さんは、自衛隊のイラク派兵を違憲とした名古屋高裁判決について「全国の努力が結実した」と意義を強調しました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.