2009年2月5日(木曜日)[ トピックス ]

願い届かず 不当判決

声明を読み上げる原告の金道さん保育所民営化裁判

 1月29日東京高裁で、保育所民営化差し止め裁判の控訴審が開かれ、保護者の訴えを全面的に退ける不当で異例な判決がだされました。

 判決は、民営化取り消し請求は、行政処分の対象とならないので、請求できないと「門前払い」、損害賠償請求についても、保護者などへの配慮不十分としながらも、保護者の利益を侵害しているとは言えないとして棄却しました。

 判決後の記者会見や報告集会で、原告たちは「願いが届かず残念」と涙ぐみながら、「でも希望は失っていない、上告を決意した」と引き続き闘う決意を固めました。市従は引き続き保護者裁判を支援し、最高裁での勝利をめざして全国の仲間とともに最後までたたかいます。

抗議声明はこちら→抗議声明pdf

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.