2009年3月16日(月曜日)[ トピックス ]

ボートピア進出断念

関内に07年にオープンしたボートピア横浜都筑地域自治研

 3月7日、都筑公会堂で、13回目の都筑自治研集会が開催され、区民など23人が参加しました。神奈川自治体問題研究所の矢後事務局長は、横浜市財政は非常事態ではなく、大変安定している、大企業や大型公共事業に使うのではなく、市民生活に使うことが自治体本来のあり方であると強調しました。

 場外舟券売り場設置の動きが昨年明らかになり、自治会の反対決議や近隣住民の反対署名など1年足らずの取り組みで進出を断念させた成果や区民要求実現実行委員会の予算要求の取り組み、精神障害者家族会の取り組み、新婦人の妊産婦健診アンケートの取り組みと成果、中小業者の厳しい現実など報告が続きました。市従は、学校給食の民間委託、山内図書館の指定管理者導入、保育園民営化裁判について報告しました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.