2009年6月11日(木曜日)[ トピックス ]

6/28横須賀市長選挙

原子力空母のない街に

 6月21日告示、28日投票で横須賀市長選挙が行われます。原子力空母母港化反対の公約を投げ捨てた現市長には任せられないと、呉東正彦弁護士が立候補を決
意しました。アメリカが戦争の出撃拠点とする横須賀、「原発の設置」という大問題は横須賀の問題にとどまらず全国的な問題であり、大きな影響があります。

 しかし現市長は、空母のメンテナンス問題で放射能廃棄物が、搬出されるという約束違反があっても抗議もしていません。多くの市民が不安を感じている原子力空母はもういりません。市従としても、安心・安全の街、選挙勝利をめざして、現地へ支援にはいります。横須賀在住の組合員の協力はもちろん、お知り合いの方に是非、広めてください。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.