2009年6月11日(木曜日)[ トピックス ]

横浜母親大会

各団体から、争議などの報告平和を願ってちひろに学ぶ

 6月7日西公会堂で第50回横浜母親大会が開催され、約600人が参加しました。

 午前中の分科会に続き、午後からは、ちひろ美術館副館長の松本由里子さんの講演。「いわさきちひろが教えてくれたこと」と題して、写真や作品を使って、ちひろの生涯をたどり、最後に「大人というものは…自分の方から人を愛していける人間」というちひろの言葉で結びました。

 リレートークでは7人の女性が、「環境破壊の開発とみどり税への怒り」「産休明け保育が足りない」「市立動物園の指定管理者制度で質の低下と職員の雇用不安」「サイエンス高校に96億円、定時制高校の給食費値上げで1500万円の負担増、教育の貧困と格差」などを訴えました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.