あたらしい「全体の奉仕者」を迎える

あたらしい「全体の奉仕者」を迎える

 4月1日、関内ホールで採用式が行われました。

 「市民のためのいい仕事がしたい」「市民の役に立ちたい」との思いを抱いて採用された職員たちは、研修を終えて遅くとも4月中旬には全員が職場へ配属されます。

 日本国憲法を尊重し、且つ、これを擁護することを固く誓ったばかりのあたらしい「全体の奉仕者」たち一人ひとりが、住民福祉の増進のために役割を発揮できる市役所を実現することも、横浜市従業員労働組合の大切な役割です。

 わたしたちは、職員にとって働きやすい働きがいのある職場をめざします。

 わたしたちは、市民のための開かれた市役所を実現していきます。

 

トピックスカテゴリの最新記事