新採用職員とともに、市民に寄り添って行動する力を養っていこう

新採用職員とともに、市民に寄り添って行動する力を養っていこう

 4月1日の午後から始まった新採用研修を終えて、今日(4月8日)、社会人採用の職員が職場に配属されてきました。

 研修において、公務員としての役割を認識し、市政運営のしくみ、市民対応の大切さの理解を深めてきたあたらしい職員たちです。

採用式に向かうあたらしい「全体の奉仕者」(4月1日、関内ホール)※写真は加工しています

 とはいうものの、新採用職員は、かつて私たちがそうであったように、市民と社会に責任を果たそうとするとき、配属後も手厚いサポートを必要とします。

 横浜市の人材育成の基本方針にもあるように、職員の人材育成の中心に据えられているのがOJT(On the Job Training)であることは、各職場に共通していることと思います。

先輩職員のみなさんへ

 新採用職員一人ひとりを先輩職員として支援することを通じて、わたしたち自身も成長していかれるように、職場のあたらしい仲間をあたたかく迎えていきましょう。

 そして、市民の目線で考え、相⼿の立場や気持ちに寄り添い、主体的に⾏動する力を養い、市民のための市政の実現を推進していきましょう。

トピックスカテゴリの最新記事