2010年5月13日(木曜日)[ トピックス ]

2010メーデー 社会の夜明けは、世論と運動で

siju

「春めいてきたものの、暮らしの春はまだまだ」と高橋横浜労連議長が開会宣言。「雇用、賃金破壊に歯止めがかからず、09年度の有効求人倍率は0.45と最悪を更新。後期高齢者医療制度は4年後に先送りし65歳に拡大。公約を反故にする民主、反省のない自民、枝分かれした新党による消費税引上げの大合唱がはじまっています。

一方で、水谷神奈川労連議長が神奈川県労働委員会の労働者委員に任命されたこと、川崎に続き相模原でも公契約条例が検討されていること、軍事基地の撤去、核兵器廃絶の大きなうねりが起きていること、など私たちの運動も前進しています。

「自然界の夜明けは時が経てば明けますが、社会の夜明けは人間の力によってしか明けません。労働者派遣法抜本改正、消費税大増税反対、大企業中心から国民本位の政治と経済への転換をめざして奮闘しましょう」と渡部神奈川労連副議長が主催者挨拶。

5月1日、第81回神奈川県メーデー会場の横浜公園には約4000名が集いました。集会終了後は「みなとみらいコース」と「山下公園コース」に分かれてデモ行進。市従は山下公園コースでした。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.