2008年3月16日(日曜日)[ トピックス ]

食の安全を守るのは私たちの運動で

分科会のようす  3月15日第10回横浜市民自治研「給食分科会」が市従会館で開催され約60人が参加しました。最初にアメリカ映画「スーパーサイズ・ミー」をみてファーストフードの「危険性」を改めて認識。

続いて横浜市の元栄養士の鈴木さんから、給食の果たす役割と、横浜の学校給食の素晴らしさについて、神奈川県農畜産物供給センターの松下さんからは、バイオエタノールの生産でトウモロコシが高騰するなど、農作物をめぐる状況や食肉加工品と添加物について、給食支部の布川さんから、限られた人員で給食の安全を守ってがんばれるのは子どもたちと交流があるから、などと報告があり、私たち大人が食の安全を守っていこうという思いを新たにしました。

Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.