ブレイクタイム

【第145山】阿寒岳 1499m(北海道)「雄阿寒VS雌阿寒」 【第145山】阿寒岳 1499m(北海道)「雄阿寒VS雌阿寒」(2019.1.1)

阿寒岳は日本百名山に認定されているが、その実態は複雑である。雄阿寒岳と雌阿寒岳の双方があるのだが、連峰ではなく直線距離で15㎞も離れている。全く...

【第144山】弥山(厳島)535m(広島県)「瀬戸の岩峰」 【第144山】弥山(厳島)535m(広島県)「瀬戸の岩峰」(2018.12.20)

世界遺産・厳島神社。当然ながら外国人観光客が多い。さすがに神社周辺はニッポン人の比率が高いが、少し奥の山際にある大聖院となると、外国人とりわけ西...

【第143山】檜洞丸 1601m(神奈川県)「小屋泊まりで自然観察を」 【第143山】檜洞丸 1601m(神奈川県)「小屋泊まりで自然観察を」(2018.12.7)

丹沢の著名峰で一番奥まった山と言えば、檜洞丸が挙げられよう。山麓に人家はなく、いくつもの峰々のそのまた向こうに鎮座する。戦前から戦後にかけて表丹...

【第142山】平ヶ岳 2,141m(新潟県・群馬県)「訳ありの3ルート」 【第142山】平ヶ岳 2,141m(新潟県・群馬県)「訳ありの3ルート」(2018.11.21)

人里遠い奥利根源流域のそのまた果てに位置し、ニッポンで最も奥深い山のひとつである。その名の如く平たい山頂スタイルから遠目には判別しやすいが、登って...

【第141山】宝来ヶ嶽 221m(滋賀県)「琵琶湖上の山」 【第141山】宝来ヶ嶽 221m(滋賀県)「琵琶湖上の山」(2018.11.5)

琵琶湖の島と言うと、立派な神社があり観光スポットでもある竹生島が有名だが、地元関係者でも滞在は日中のみで、無人島のカテゴリーに入る。一方、琵琶...

【第140山】蓼科山2531m(長野県)「北八ツのデザートセット」 【第140山】蓼科山2531m(長野県)「北八ツのデザートセット」(2018.10.22)

八ヶ岳の北端を締めるかのように、きっちり端正な山がそびえている。その姿から諏訪富士とも呼ばれるが、シルエットの描くカーブが繊細絶妙な本家富士山...

【第139山】摩周岳857m(北海道)「見るだけより登ってこそ」 【第139山】摩周岳857m(北海道)「見るだけより登ってこそ」(2018.10.1)

摩周湖と言えば、第1・第3の二つの展望台からの眺望があまりに有名で、北海道を代表する観光スポットになっている。摩周ブルーと呼ばれる、深みのある蒼い湖...

【第138山】農鳥(のうとり)岳3,026m(山梨県・静岡県)「不遇の3,000m峰」 【第138山】農鳥(のうとり)岳3,026m(山梨県・静岡県)「不遇の3,000m峰」(2018.9.27)

ニッポンでは3000m級の高峰は貴重な存在で、主だったところで14座。その大半は栄光の日本百名山に選定されているが、唯一の例外が農鳥岳である。富士山以外...

【第137山】操山(みさおやま)169m(岡山県)「路面電車でGO!」 【第137山】操山(みさおやま)169m(岡山県)「路面電車でGO!」(2018.9.1)

路上に響くモーター音とギア音。せわしない都会の真ん中を、ゆったりペースで軽やかに走り抜ける姿。昭和のノスタルジーを奏でる路面電車は、平成末の今なお...

【第136山】富士山御中道約2300m(山梨県)「縦ではなく横へ」 【第136山】富士山御中道約2300m(山梨県)「縦ではなく横へ」(2018.8.16)

富士山は、縦に上へと登るもの。それは当たり前だが、横へ水平に歩く道もある。それが「御中道」である。中腹に鉢巻状に付けられ、諸ルートの五・六合目を...
Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.