たばこ病のない世界を・・・

【第11回】東京高裁での新たな闘い(3) 【第11回】東京高裁での新たな闘い(3)(2011.2.15)

国策巨大企業JTの論理と立場が破綻し始めている 裁判でJTや国の論理は10年来の旧態依然としたものです。吸う吸わないは大人の自由な判断で決めるもの...

【第10回】人工呼吸器から戻って 【第10回】人工呼吸器から戻って(2010.12.15)

入院4か月半、自宅療養4週間、なお息苦しい日々の中で 「希望はうしなっていません」という言葉はあっても 「なおります」とは言ってもらえない 人...

【第9回】東京高裁での新たな闘い(2) 【第9回】東京高裁での新たな闘い(2)(2010.11.15)

今回は私も10分ほど陳述を行うことができました。気胸の癒着療法の後、肺機能はとみに後退し、息苦しい上に痰が詰まって声が出ない状況となりました。この...

【第8回】東京高裁での新たな闘い(1) 【第8回】東京高裁での新たな闘い(1)(2010.10.15)

9月29日(水)、東京高裁で第2回口頭弁論が開かれ、今回は片山弁護団長から控訴理由の口頭弁論、私の原告陳述を行いました。 控訴理由は誰が見ても、もっ...

【第7回】巡りあい(2) 【第7回】巡りあい(2)(2010.9.15)

出席できなかった7月14日の東京高裁の第1回の裁判では陳述できませんでしたが、ビデオが証拠として提出されました。 内容は、 ①原告患者の苦労ととも...

【第6回】巡りあい(1) 【第6回】巡りあい(1)(2010.8.6)

横浜市従は、松川事件、メーデー事件などの冤罪事件にも歴史的にかかわってきました。私も立場上、労働者の不当解雇事件の支援にもかかわりました。労働者が...

【第5回】裁判権のすごさ 【第5回】裁判権のすごさ(2010.6.15)

(1) 裁判権のすごさ 1人では、また個人的には相手にもされない国やJTを法廷という社会的公的ステージに呼び出す裁判権。国民が被害にあった場合、公私を...

【第4回】自己責任論の壁を越えるとき(2) 【第4回】自己責任論の壁を越えるとき(2)(2010.5.15)

4月から神奈川県受動喫煙防止条例が実施され、大きなホテル、レストラン等が次々禁煙となりました。 タバコの煙は、吸わない人にも深刻な害を及ぼすので...

【第3回】自己責任論の壁を越えるとき(1) 【第3回】自己責任論の壁を越えるとき(1)(2010.4.15)

横浜タバコ裁判のホームページには「頭がおかしいんじゃないか。自業自得だ」等のコメントが寄せられます。 多くの人々は喫煙が元で病気になっても「有害だ...

【第2回】東京高裁に控訴 【第2回】東京高裁に控訴(2010.3.15)

喫煙を原因に、年間20万人以上が死亡しています。これを365日で割ると1日548人になります。 「毎日、ジャンボジェット機が日本国内で墜落し全員死亡」 と...
Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.