登りたいのは山々

【第133山】三瓶山(さんべさん・島根県) 約1,126m「登って楽しい山の一家」 【第133山】三瓶山(さんべさん・島根県) 約1,126m「登って楽しい山の一家」(2018.6.19)

登山……長く苦しい登りを続け、ひたすら山頂を目指す。せっかくの山頂も早々に辞することが多く、今度は長い下り道が待つ。単調で退屈。それが登山、と言われ...

【第132山】八島湿原 約1,600m「手軽に湿原美を堪能」 【第132山】八島湿原 約1,600m「手軽に湿原美を堪能」(2018.6.5)

「夏が来れば思い出す」のは尾瀬。初夏に咲き乱れる無数の花々に彩られた、夢の様な湿原風景は多くのハイカーの憧れの的だ。ただしハイカー未然の人=旅行...

【第131山】光岳2,592m「悠久1億年の果てに」 【第131山】光岳2,592m「悠久1億年の果てに」(2018.5.17)

簡明にして潔い山名だ。しかも「ひかりだけ」ではなく、「てかりだけ」と読ませるところが心憎い。実に粋。山名の由来は、山頂の西側直下の光岩に由来する...

【第130山】池子の森自然公園「米軍占領のメリット・デメリット」 【第130山】池子の森自然公園「米軍占領のメリット・デメリット」(2018.4.19)

逗子市と金沢区に跨る「池子の森」、総面積は300ha。戦時中に旧日本軍に接収され弾薬庫が築かれたが、戦後すぐに在日米軍の管理下に置かれた。ベトナム戦争...

【第129山】奥利根源流(群馬県、新潟県)「遙かなる雪山の連なり」 【第129山】奥利根源流(群馬県、新潟県)「遙かなる雪山の連なり」(2018.4.2)

利根川の源流域には膨大な山地が広がり、「奥利根源流山域」と呼ばれる。標高は中級ながら尾根と沢が幾重にも絡み合い、ニッポン随一の大河の源に相応しい...

【第128山】渋沢丘陵 303m「お花見ハイキングなら」 【第128山】渋沢丘陵 303m「お花見ハイキングなら」(2018.3.16)

通常お花見ハイキングと言うと、目的地に花を愛でるエリアがあって、途中の行程はそこに至るための労力=手段でしかない。でもどうせなら歩く行程も楽しみた...

【第127山】草津白根山 2,171m「山頂はどこだ?」 【第127山】草津白根山 2,171m「山頂はどこだ?」(2018.3.9)

つい先日、突然の噴火でニッポン中を震撼させた草津白根山。冬はスキーのメッカだが、夏場には多くの観光客が訪れる。また日本百名山にも選ばれているので...

【第126山】城山約564m「ニッポン最多山名の一峰へ」 【第126山】城山約564m「ニッポン最多山名の一峰へ」(2018.2.22)

ニッポン中の同名の山名で最も多いのが「城山」で、全国で実に276山を数える。神奈川県にも複数の城山があり、著名なのは津久井湖の城山ダムの由来となった...

【第125山】飯野山 422m「出来過ぎの讃岐富士」 【第125山】飯野山 422m「出来過ぎの讃岐富士」(2018.2.7)

初めて見た人は誰しもびっくりするに違いない。讃岐平野のど真ん中に、ミニ富士山が忽然と盛り上がっているのである。ただしこの地に噴火があって成長した...

【第124山】三浦半島南岸「トンデモ地形の博物館」 【第124山】三浦半島南岸「トンデモ地形の博物館」(2018.1.1)

地球の表面は十数枚のプレートで覆われていて、それぞれが移動している。その中の1枚が、遥か太平洋の彼方から日本列島の下に沈み込んでいるのだが、一...
Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.