見解・資料

安倍政権の暴挙に断固抗議し糾弾する 安倍政権の暴挙に断固抗議し糾弾する(2015.10.1)

中央執行委員長 政村修 9月19日未明の参議院本会議で安倍政権は、国会前でシュプレヒコールをあげ続ける国民、そして国会前までは行けなかったけれどもテレ...

権力を縛る立憲主義の実現は私たちにかかっている「 すべての住民のいのちと暮らしを守るため戦争法案を廃案に」 権力を縛る立憲主義の実現は私たちにかかっている「 すべての住民のいのちと暮らしを守るため戦争法案を廃案に」(2015.8.7)

いわゆる「戦争法案」が、7月15日、衆議院の特別委員会において与党単独で強行採決されました。翌日には与党を中心に本会議でも強行採決。27日現在、参議院...

「衆院での戦争法案強行採決を糾弾し、断固廃案を求める」7・16 第12回中央闘争委員会で決議 「衆院での戦争法案強行採決を糾弾し、断固廃案を求める」7・16 第12回中央闘争委員会で決議(2015.7.24)

安倍政権は集団的自衛権行使や戦闘中の外国軍を支援する後方支援などを内容とする憲法違反の戦争法案を7月15日の特別委員会、16日の本会議で国民多数...

STOP!戦争への道 立憲主義の否定許さない STOP!戦争への道 立憲主義の否定許さない(2015.7.21)

安倍政権が今国会での成立を狙う戦争法案では、「地球の裏側」まで自衛隊派兵が可能になります。日本の存立が脅かされる明白な危険がある場合など武力行使の...

「命どぅ宝(命こそ宝)」戦争は日本国憲法が保障する基本的人権を蹂躙し、個人の尊厳が守られる社会を実現しない 「命どぅ宝(命こそ宝)」戦争は日本国憲法が保障する基本的人権を蹂躙し、個人の尊厳が守られる社会を実現しない(2015.7.9)

5月15日、安全保障関連法案が国会に提出されました。同法案は集団的自衛権の行使を容認している点で憲法違反です。長年違憲としてきた集団的自衛権を政権の...

2015年度予算案について横浜市従の見解 2015年度予算案について横浜市従の見解(2015.3.18)

安倍政権の成長戦略を先取りする「中期4カ年計画」にもとづき、大型開発はさらに拡大、大企業は優遇し、将来にわたる市民・職員負担増の予算 2015年2...

安倍暴走政治を阻止し、総選挙で国民生活優先の政治を実現しよう 安倍暴走政治を阻止し、総選挙で国民生活優先の政治を実現しよう(2014.12.9)

2014年11月27日 横浜市従業員労働組合中央執行委員会 安倍首相が11月21日に衆議院を解散し、12月2日公示、14日投開票により総選挙が行われます。 横浜市...

横浜市従業員労働組合第68回定期大会「大会宣言」 横浜市従業員労働組合第68回定期大会「大会宣言」(2014.7.23)

私たちは第68回定期大会を開催し、代議員の活発な討論により、この1年間の運動を総括し、新しい1年間の運動方針を確立しました。 安倍政権は発足後、特定...

集団的自衛権の行使容認の閣議決定に抗議し、撤回を求める 集団的自衛権の行使容認の閣議決定に抗議し、撤回を求める(2014.7.1)

2014年7月1日 横浜市従業員労働組合中央執行委員会 自民、公明両党は7月1日、臨時閣議で憲法解釈を変更して集団的自衛権行使を容認する閣議決定をしました...

憲法を破壊する「集団的自衛権」行使容認に向けた解釈変更の検討に強く抗議する 憲法を破壊する「集団的自衛権」行使容認に向けた解釈変更の検討に強く抗議する(2014.5.20)

5月15日、安倍晋三首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇=座長・柳井俊二元駐米大使)が、「憲法論の下で安...
Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.