トピックス

コロナ禍で浮き彫り「1保健所18支所体制の矛盾」(11.1 神奈川自治体学校特別報告より) コロナ禍で浮き彫り「1保健所18支所体制の矛盾」(11.1 神奈川自治体学校特別報告より)(2020.11.26)

神奈川自治体学校の特別報告は「横浜の保健所の状況」と題して、市従の田中美穂社会保障部長が登壇しました。コロナ禍で公務労働の重要性が浮き彫りになっ...

カジノ住民投票「16万8000人分超える署名集まる」 カジノ住民投票「16万8000人分超える署名集まる」(2020.11.26)

市長 住民投票をして、反対が多かったという結果が出れば、遵守すべきだと考えております。記者 それはすなわち誘致を撤回するというふうに捉えていいの...

安保条約改定60年の経済 (第2部3回) 「容赦ない米国の報復」 安保条約改定60年の経済 (第2部3回) 「容赦ない米国の報復」(2020.11.26)

新自由主義が導入されていった80年代の日本経済は、ところが社会保障の縮小再編を必要とするような低成長にはなかった。テレビ・オーディオに加えて半導体...

安保条約改定60年の経済 (第2部2回) 「故中曽根康弘の「功績」 安保条約改定60年の経済 (第2部2回) 「故中曽根康弘の「功績」(2020.11.10)

1981年、中曽根康弘を行政管理庁長官とする鈴木善幸内閣は「増税なき財政再建」を掲げ、「第二次臨時行政調査会」(以下、第二臨調と記す)を設置し、新自...

「市民の声を聞いてほしい」カジノの是非は住民投票で 「市民の声を聞いてほしい」カジノの是非は住民投票で(2020.10.23)

カジノの誘致予定場所は、私の通う学校の近くです。あの辺りは学校も多く、幼稚園もある、私たちにとっては「学びの場」です。歴史的建造物も多くあり、「...

安保条約改定60年の経済 (第2部1回) 「舵を切る福祉国家」 安保条約改定60年の経済 (第2部1回) 「舵を切る福祉国家」(2020.10.23)

 戦後、先進資本主義国は、ソ連を中心とする社会主義世界体制に対抗するために、「福祉国家」政策を迫られた。  70年代初め頃までに、完全雇用・労働...

安保条約改定60年の経済 (第4回) 「『安保繁栄』論の破たん」 安保条約改定60年の経済 (第4回) 「『安保繁栄』論の破たん」(2020.10.8)

 米国のマクガヴァン上院委員の1964年に曰く、「アメリカがスポンサーとなった学校給食プログラムによって児童がミルクとパンを好むようになり、日本...

「カジノの是非は、住民投票で決める」住民投票条例のための直接請求署名 「カジノの是非は、住民投票で決める」住民投票条例のための直接請求署名(2020.10.8)

以下は、林市長がIRの誘致を正式に表明した翌日2019年8月23日の宣伝行動での政村委員長の発言です。 林市長は就任以来「信頼と共感の市政」を標榜...

IRカジノ誘致 市長「事業者への責任がある」 IRカジノ誘致 市長「事業者への責任がある」(2020.9.17)

カジノを中核とする統合型リゾート(IR)の実施方針の公表について、8月19日の定例記者会見で林市長は「8月は無理であると判断」したと述べ、再延期を...

市民集会 ハーバーリゾート集会と3労組が発言 市民集会 ハーバーリゾート集会と3労組が発言(2020.9.17)

 カジノを中核とする統合型リゾート施設(IR)の誘致を市長が正式表明してからちょうど1年になる8月22日、横浜市従も参加する「カジノの是非を決める...
Copyright (C) 2003 Yokohama City Labor Union. All rights reserved.